PR ホームサポート九州

九州エリアの火災保険給付金は平均123万円!
2022年9月18日の台風14号の申請相談が急増中

「室内の壁・床」「屋根・外壁・雨樋等」「塀・フェンス・カーポート」「雨漏り・水漏れ」
これらの被災を火災保険申請すれば平均123万円の給付金が受け取れます

簡単10秒の無料診断

お住まいのエリアでいくら受け取れるか、10秒診断してみよう!

    ※この記事は1分で読み終わります

    九州の持ち家世帯の82%(内閣府試算を参照)が加入している火災保険。

    当たり前のように保険料を支払い続けていますが、あなたは火災保険を利用したことがありますか?

    実は、火災保険で貰えるはずの給付金を受け取っていない人が9割もいるんです。

    そして台風や地震災害の多い九州では、正しく保険申請をすれば平均123万円も火災保険の給付金をうけとれます!

    福岡在住の私も144万円を簡単に受け取ることができました(下記が振り込みされた記録です)

    144万円と聞くと私が特別なケースかと思われますが、ごくごく一般的なケースなのでこれを見ているあなたも該当する可能性は高いです。

    では、どのようにすれば火災保険金が受け取れるのか解説します。

    【九州限定】お急ぎの方は050-3155-0035(年中無休9:00~20:00)までお電話ください。1分で受け取り方法がわかります。

    火災保険の受け取れる条件とは・・・

    そうほとんどの方が誤解されていますが、火災保険給付金のもらえる条件はとてもとても簡単です。

    もしこの2つに該当しているならば、必ず申請できるかチェックすべきでしょう。

    ≫給付金をいくらもらえるのか0円で診断してみる

    知らないと損する火災保険の裏ワザ

    ここまでの話を聞くと、あなたは以下のような疑問を持つかもしれません。

    ご安心ください。

    火災保険は何度申請しても毎月の支払は変わりません。 また、火災保険は何度でも使えるので今後、火事・台風などの災害にあってしまった時にも問題なく利用可能です。

    しかし、気をつけることは1点だけあります。
    それは、火災保険は災害から3年で請求しないと時効になるということです

    保険法第95条において「保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第63条又は第92条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、3年間行わないときは、時効によって消滅する」と定められています。

    《日本住宅再生支援機構》

    保険会社も本音はあまりお金を払いたくないので、このような3年の請求期限を設けています。

    ですから、傷や破損などが起きてから3年以内には確実に請求するようにしましょう!

    九州地区は過去1年で平均認定額が全国で1位!

    九州は過去3年以内に大型台風や豪雨が多発しており損害を被っている家はかなり多いです。

    「でもうちはどこも破損してないし・・・」と思っていても、専門家がチェックすれば補償対象になる損傷が見つかるケースが数多くあります。

    私が依頼したホームサポート九州の無料現地調査では90%の住宅で損害箇所が見つかっています。

    つまり90%以上の方が給付金をもらっているというワケです。

    【ホームサポート九州】給付金をいくらもらえるか無料診断

    保険の給付金申請は自分でもできる?

    火災保険を申請する場合、自分で被害を発見(写真等を提出)して、被害額(見積の作成)の算出の2点が必要です。

    これができる方であれば自分で申請することができます。ただこの2点を行うためには以下の知識と理解が必要になります。

    ・火災保険の適用範囲はどこまでか?
    ・保険会社ごとに違う適用範囲をご存知ですか?
    ・経年劣化と被害の違いを根拠をもって説明できますか?
    ・屋根などの被害を確認するためのハシゴやドローンを所有していますか?
    ・発見した被害の見積作成ができますか?
    ・地震保険被害の算出式を理解しているか?

    このような知識はないので、自分で申請は無理じゃないか?ーと思われたあなたへ

    ご安心ください 。
    実は、プロの火災保険申請サポートにすべて任せるのが 一番効率がいいんです。

    私もホームサポート九州という九州地区ナンバーワンのサポート会社に依頼しました。

    依頼するメリット3つあります。

    ①九州地区限定で年間1,000件以上の調査実績

    常に高い認定率を維持して九州で数多くの成功実績持っています。 厳しい社内研修に合格したプロの調査員が破損個所を漏れなく調べてくれます。

    ②無料調査で完全成功報酬だから安心

    ホームサポート九州は給付金の受け取りができた場合のみ成果報酬で手数料が発生します。 初期費用や工事契約なども一切必要ありません。

    ③保険申請に精通した弁護士と提携

    違法な申請は行わないため安心して依頼できました。

    ≫ホームサポート九州へ無料調査依頼はこちら

    ホームサポート九州は成果報酬型なので調査・申請費用等は全て無料です。

    実際に給付金が貰えない場合は1円も費用が発生しません。

    保険申請の窓口のサービスは以下のような流れで進みます。

    まずは下記の「無料相談」よりお気軽にお問い合わせください。 担当から1時間以内にご連絡をもらえます。
    ≫無料相談はこちら

    物件の調査をします。 屋根の上など見落としがちな被害も、専門の調査員が細かく見つけ出します

    申請対象となる被害が見つかったら、ホームサポート九州が必要資料を作成します。 あなたはその資料を保険会社へご提出いただくだけです。

    無事認定となれば、調査から平均1ヶ月ほどで給付金が振り込まれます。 給付金のお受け取りができた場合のみ、手数料を発生してサービス終了です。

       

    我が家では雨樋と外壁にちょっとした傷があっただけで144万円も貰えました。

    私のしたことは最初の10秒カンタン診断だけなので、火災保険は使わないともったいないと思います。

    住宅が被災した時のために、みんな火災保険に加入して保険料を払っているんです。 保険料を払っている当然の権利なので火災保険を使わないのは間違いなく大損です。

    持ち家(オーナー)は、ぜひ火災保険を利用して給付金を受け取ってみませんか? カンタン診断なら10秒で保険が受け取れるかの判定ができますよ。

    【九州限定】お急ぎの方は050-3155-0035(年中無休9:00~20:00)までお電話ください。1分で受け取り方法がわかります。